2012年 アネモネステークス レース後のコメント

      2012/07/07

中山11Rのアネモネステークス(3歳オープン・芝1600m)は、1番人気パララサルー(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒6。1馬身1/4差の2着に10番人気マイネエポナが、クビ差の3着に15番人気クッカーニャがそれぞれ入線。

パララサルーは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母タンタスエルテ(母の父Stuka)。通算成績は4戦3勝となった。

2012年 アネモネステークス レース後のコメント

1着 パララサルー 北村宏司騎手
「最後はいい脚を使ってくれる馬ですが、今日は道中どうなるかと思いました。3コーナーでステッキを入れましたが、やはり直線はいつもの伸び脚を見せてくれました。普段からおとなしくて冷静な馬ですし、このまま順調にいってくれたらいいなと思います」

2着 マイネエポナ 鈴木調教助手
「今日の道悪をよくこなしてくれました。先行して、この馬にとって理想的な形でレースができました。最後は抜け出してからソラを使いましたので、その点を矯正していけたらと思います」

3着 クッカーニャ 武士沢友治騎手
「こういう道悪の馬場は得意ではないので、外を回りました。能力はある馬です。出走権が獲れなかったので残念です」

4着 セコンドピアット 松岡正海騎手
「切れのある馬なので一発に賭けました。他の馬を気にするところがあるので、出入りの激しい競馬をしたくなくて後ろからの競馬をしました。最後はよく伸びてくれましたが、まだまだこれからの馬です」

5着 トーセンベニザクラ 津村明秀騎手
「切れ味勝負の馬ですから、この馬場は合いませんでした」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - アネモネステークス, 桜花賞 , , ,