2013年 第20回チューリップ賞 レース後のコメント

   

阪神11Rのチューリップ賞(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は、3番人気クロフネサプライズ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒9。3馬身半差の2着に7番人気ウインプリメーラが、3/4馬身差の3着に5番人気アユサンがそれぞれ入線。

クロフネサプライズは栗東・田所秀孝厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母アイアンブリッジ(母の父トニービン)。通算成績は6戦3勝となった。

【2013年 チューリップ賞 レース後のコメント】

1着 クロフネサプライズ 武豊騎手
「以前に乗ったときから馬がずいぶんと変わりました。直線でもバテる感じはありませんでしたし、強かったです。本番と同じコースで結果が出せたのでよかったです」

2着 ウインプリメーラ 和田竜二騎手
「スタートもよく、2番手でスムーズに追走できました。最後もよく踏ん張っています。ただ、4コーナーで落鉄があり、それがなければもっと楽な2着だったと思います」

3着 アユサン 丸山元気騎手
「ペースが遅かったので、前で競馬をしました。これまでよりはマシでしたが、右回りは上手ではありません。それに本来なら突き抜けてもいいのに、まだ本調子ではないようです」

4着 ヴィルジニア 池添謙一騎手
「カリカリした面がありましたが、馬の後ろに入れたら折り合いはつきました。能力的に差はないと思いますが、今日は前の馬で決まってしまいましたね。あと1頭交わせば権利が獲れただけに悔しいです」

5着 グッドレインボー W.ビュイック騎手
「1枠だったため、通りたいところを通れませんでしたし、前につけた馬たちで決まってしまいました。今日は展開が向きませんでしたね」

7着 レッドオーヴァル C.デムーロ騎手
「スローペースで馬がエキサイティングしていて、思うようにいきませんでした。それにこの馬の決め手を生かしにくい馬場だったのが残念です。これからよくなると思います」

9着 ローブティサージュ 秋山真一郎騎手
「反応しませんでした。レッドオーヴァルが伸びてきたときに抵抗できませんでした。次は反応もよくなってくると思います」

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - チューリップ賞 , , , ,