桜の女王決定戦 桜花賞

桜花賞(おうかしょう)とは
日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1600mで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞。

上位4着までに入賞した競走馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられる。また上位2着までに入賞した地方所属馬はNHKマイルカップの出走権が与えられる。

桜花賞
■ 開催地 阪神競馬場
■ 格付け GI
■ 距離 芝・外1600m
■ 賞金内訳 1着賞金8900万円、2着賞金3600万円、3着賞金2200万円、4着賞金1300万円、5着賞金890万円
■ 出走資格 サラブレッド系3歳(旧4歳)のJRA所属の牝馬の競走馬(外国産馬含む)及び地方所属の牝馬の競走馬(本競走への優先出走権を獲得した牝馬及びJRAのGI競走1着馬)及び外国調教馬の牝馬(9頭まで)、出走枠は18頭まで。ただし桜花賞優先出走権取得馬(最大8頭)が優先で出走でき残りの枠(最低10枠)は総収得金額上位馬が出走できるが、残る1枠が複数の同収得金額馬だった場合は抽選で出走馬が決まる。
またチューリップ賞、アネモネステークス、フィリーズレビューのいずれかにて必要な着順に入った場合優先出走できる。(最大8頭)
■ 負担重量 定量(55kg)

【桜花賞 阪神競馬場 芝外周り1600mの特徴】

桜花賞コース

向こう正面半ばからスタート。第3コーナーまで直線444m。
第3コーナー入口から第4コーナー出口までは682mのロングコーナーとなっている。
第4コーナー出口手前100mあたりから緩やかに下りはじめ、勢いがついたまま最後の474mの直線に入り、ゴール前200mからの高低差1.8mの急坂(勾配1.5%)を上ることになる。

コーナー部分が全距離の3分の1以上も占めるため、外を回る馬はロスが大きい。したがって基本的に外枠は不利になりやすい。